Transoft logo
AirTOP Flow Management

フローマネジメントと4D軌道ベースの運用

4D軌道ベース運用(TBO)は、米国の次世代航空輸送システム(NextGen)とヨーロッパのシングルヨーロピアンスカイ航空管制研究共同実施機構(SESAR)の両方の重要な構成要素です。

AirTOPは、以下の側面でこの概念のモデル化をサポートしています。

  • 計画された4D軌道の同期とネゴシエーション
  • 空域の計画されたエントリー負荷と占有率の監視
  • フローマネジメントおよび需要と容量のバランス(DCB)
  • 時間ベース(TTA/CTA/RTA)または距離ベースのポイント・イン・スペース計測

AirTOPは、大陸全体または海洋全体をカバーするトラフィックの大規模モデル化のためにEUROCONTROLおよびFAAによって使用されています。

膨大なデータサンプルを非常に迅速に処理および分析できる最先端のATFCMモデルとして認められている、AirTOPは、研究プロジェクト、フローと容量の戦略的なシステム全体の分析、またはシナリオ別の標準ソリューションと「プレイブック」の開発に最適です。

パフォーマンス指標の表示は、ニーズに合わせてカスタマイズでき、関係者と容易に共有できます。

What Our Clients are Saying

View Case Study

Platform Compatibility

プラットフォーム要件
Java 8(1.8)64ビット
利用可能な言語
英語
システム要件
64ビットオペレーティングシステムを完全にサポート
Windows® 8 以降
MacOS® X 10 以降
Linuxカーネル2.6 以降(Ubuntu、Fedora、RHELなど)