Transoft logo
AirTOP Runway Capacity Analyzer

滑走路のスループットと容量をモデル化し、視覚化し、分析

滑走路容量の推定は、あらゆる空港計画の基本です。容量に制約のある空港の場合、滑走路リソースの使用を最適化することが主な目的です。AirTOP 滑走路容量アナライザーは、空港の滑走路システムの現在および将来のスループットを評価するのに最適なツールです。滑走路システムを空域と残りの飛行場の両方から切り離すことにより、この目的を達成します。

AirTOP滑走路容量アナライザーは、モンテカルロ・シミュレーション法を適用して入力パラメーターからスループット推定値に不確定性を伝播することにより、既存の分析容量評価の限界を克服します。滑走路システムを分離することにより、フリート・ミックス、サービスのレベル、到着/出発率、およびスケジュール時間の制約を尊重しながら、堅固なスループット推定値を取得するために、多くのトラフィック・シーケンスを分析することができます。AirTOP滑走路容量アナライザーを使用すると、次のことが可能になります。

  • 最適化されたトラフィック・シーケンスの取得
  • さまざまな条件での滑走路システムのスループットの評価
  • さまざまな条件での滑走路の目標時間対する遅延の評価
  • 滑走路容量の不足または過剰の観点からの将来の交通需要のテスト
  • 以下の影響の調査:
    • フリート・ミックス
    • 必要な航空機の分離
    • 滑走路のレイアウトと運用モード
    • 滑走路の入口と出口の場所と使用
    • サービスのレベル(許容される遅延)
    • 特定のフライトの優遇措置
  • 不確実性の影響の組み込み

AirTOP滑走路容量アナライザー・モジュールは、スタンドアロン・アプリケーションとして使用できますが、最も正確な結果を得るには、エアサイド航空機およびTMA/TRACONモジュールとともに操作するのが最適です。

What Our Clients are Saying

View Case Study

プラットフォームの互換性

プラットフォーム要件
Java 8(1.8)64ビット
利用可能な言語
英語
システム要件
64ビットオペレーティングシステムを完全にサポート
Windows® 8 以降
MacOS® X 10 以降
Linuxカーネル2.6 以降(Ubuntu、Fedora、RHELなど)