ArcPORT

包括的で高性能なターミナルシミュレーション

ArcPORTは、空港ターミナルやその他の旅客輸送施設における乗客や手荷物の分析に特化した、ファーストタイムシミュレーションソフトウェアです。このソフトウェアは、ターミナル全体、または出発ロビー、セキュリティ、入国審査、待合室などの個別のプロセスのオペレーション、効率性、キャパシティをモデリング、シミュレーション、評価するための拡張機能を備えています。

ArcPORTは、設計者、立案者、航空会社、及びオペレーターが自身の設計、プロセスやシステムの変更、インフラの調節又は拡張の為の要件、及びその他の多くの仮定のシナリオを評価する用途に使われ、利害関係者が多額のコストをかける前に、十分な情報に基づいた決定を下せるようにします。

レポートと視覚化

ArcPORTには、プレゼンテーション対応のデータテーブル、グラフ、動画と画像、及びヒートマップやトラックなどの移動オブジェクトの特殊なイラストを生成する機能が含まれています。これにより、ユーザーはレポートを簡単に抽出して結果を分析できます。全てのレポートは、さらなる後処理及び分析の為にCSVファイルにエクスポートできます。

戦術的で戦略的な意思決定
ArcPORTを用いる事で、戦術的及び戦略的なインフラ又はプロセスの改訂を仮想的に調査及びテストして、重要業績評価指標(KPI)の将来のパフォーマンスを予測し、コストを伴うミスの可能性を最小限に抑えることができます。
ビデオを見る

ArcPORT の機能

セキュリティスクリーニング
新しい規制や新しいテクノロジーがセキュリティプロセスに与える影響を評価します。日中のリソースのニーズを判断します。新しい施設がサービス水準に与える影響を評価します。
公共の出発ロビーとチェックイン
IATAサービスレベル及びその他のKPIを評価します。チェックインの配分の様々な代替案を評価します。新しいスケジュール又は追加のフライトが既存の施設に与える影響を評価します。

What Our Clients are Saying

View Case Study

プラットフォームの互換性

システム要件
OSは32ビット版と64ビット版に完全対応
ワークステーション:Windows®7 SP1、8、8.1、10
ネットワーク:Windows®Server2008 R2、2012、2012 R2、2016、2019
CPU Type: Intel Core i7 3GHz (or equivalent) or faster
Memory: 16 GB RAM or greater
Disk Space: 500 GB available (SSD recommended)
Display Resolution: 1680 x 1050 (1920 x 1080 recommended)
Display Card: Dedicated NVIDIA 2 GB or greater
利用可能な言語
英語